対戦を前に、嘉手納の大蔵宗元監督と前橋育英の荒井直樹監督に試合のポイントや両校のキーマンを聞いた。(両監督への取材を紙上対談として再構成しました)

(左から)嘉手納・大蔵宗元監督、前橋育英・荒井直樹監督

 -相手の印象は。

 大蔵 堅い守りで好投手佐藤優人を中心に少ない失点で勝ち抜いている。捕手の森田健斗も緩い走塁だとアウトにされるので、その網にも引っ掛からないようにしたい。

 荒井 投手の仲地玖礼はコントロールがよく、多彩な変化球も投げるので、簡単には点が入らないだろう。バッティングも力強い印象がある。

 -チームのキーマンは。

 大蔵 まずはバッテリーにしっかり試合をつくってほしい。仲地らしく低めの球でストライクを取れれば。打撃では1、2番がしぶといバッティングで出塁できれば、中軸が生きてくる。

 荒井 4番の小川龍成がポイントになる。だが、小川がダメでも全体でカバーできるチームに育ててきた。

 -警戒する相手選手は。

 大蔵 投手の佐藤はストライクゾーンを広く使い、ボールに力があるので、負けずにしっかり打ち返すことが大事。小川は軸もしっかりしており、長打力もある。逃げた球だと打たれる。

 荒井 仲井間光亮、大石哲汰、知花拓哉、大城堅斗は長打力があり、対応力もある。どれだけ投手がうまく抑えられるか。仲地も低めへの投球がよく、打ち崩すのは難しいと思う。

 -理想の試合運びは。

 大蔵 先制点を取って主導権を握ること。一つ一つのアウトをしっかり取り、まずは1点をつかみたい。今大会が集大成となる。彼らの持っているポテンシャルを出し切れれば、おもしろい試合になると思う。

 荒井 打力はそれほどないので、投手を中心にしっかり守って少ないチャンスを生かし、機動力など打撃以外の部分でも点を重ねたい。投手がどれだけ相手を抑えられるかもポイントだ。自分たちが今までやってきたことをどれだけできるか。彼らの力を存分に出してあげたい。