名護署は11日午前8時35分、県警車両の通行を妨害し警察官を転倒させたとして、公務執行妨害の疑いで自称建設作業員の男(36)=名護市伊差川=を現行犯逮捕した。認否については「いまは言えない」などと供述しているという。

 調べでは、11日午前8時34分ごろ、東村高江の県道70号で、交通取締の車両の前方を原付きバイクで発進や停止を繰り返し、通行を妨害。その後、停止を求めた男性警察官(49)をバイクで引きずり転倒させた疑いがある。