盛夏は英語で「ドッグデイズ」というらしい。夏の星座に由来しているようだが、ごろごろとのんびり過ごすという別の意味もある

▼バテた犬が舌を出して寝そべっている姿が浮かぶ。正しいかは分からないが、さもありなんと言葉の成り立ちを想像した。しかしまあ、外に出れば、暦の立秋とは名ばかりの炎暑の日々である

▼11日も列島は猛烈な暑さに見舞われた。中国、九州地方では気温37度以上を観測し、今年一番の暑さだった。お盆にかけて日差しも気温も厳しい日々というから、体調管理や海や川でのレジャーにも注意が必要である

▼県外で沖縄の最高気温を上回る地域があるのも珍しくないが、その暑さの中、熱戦が繰り広げられる甲子園では見事、嘉手納高校が群馬の前橋育英高校に大逆転で勝利した

▼夏初出場の嘉手納に対し、前橋育英は3年前に大会を制している。中盤までリードされ心もとなかったが、七回の猛打で追いつき、引き離した。暑さを忘れて応援に熱が入り、初勝利で心を爽やかに潤した人も多かっただろう

▼甲子園だけでなく、オリンピックが真っ最中の댼情熱の国댽からも元気づけられる活躍が伝わってくる。〈炎熱や勝利の如き地の明るさ〉(中村草田男)。しばらくは選手たちから気合と気力を注入してもらい、猛暑を乗り切ることにしよう。(宮城栄作)