ビーチに近く、観光客の往来も多い真昼間の住宅街で突然の凶行が起きた。那覇市若狭の路上を歩いていた女性(77)を刺したとして、殺人未遂容疑で那覇署に緊急逮捕された容疑者の男(20)は「刺すのは誰でもよかった」と供述し、「通り魔的な犯行」であることを示唆。近隣住民は「こんな物騒な事件が起きるとは」と声を震わせた。

女性が刺された現場で鑑識活動する捜査員=12日午後1時25分、那覇市若狭

 事件現場付近は那覇署が規制線を張り、通行人らが不安そうな表情で現場を見つめていた。周辺に住む女性は、被害者の夫が「(妻が)変な人に刺された」と慌てた様子で話していたのを目撃。女性は「昼間に人を刺すなんて恐ろしい」と声を震わせた。

 現場は生活道路で、夏休み中の子どもや観光客の往来も多い。近くで旅館を営む男性(90)は「30年以上ここに住んでいるが、こんな物騒な事件はなかった。安心していられない」と言葉少なだった。

 近くに住む男性(49)は、警察車両に乗せられた犯人の様子について「両脇の警察官に挟まれ、黒っぽい上着を頭からかぶり、うなだれた様子だった」と語る。

 「正午を過ぎて、何台ものパトカーを見て驚いた。最初は水難事故かと思っていた。殺人未遂事件が起きるとは」と驚きを隠さなかった。