医療機関や行政の担当者、患者らでつくる沖縄県がん診療連携協議会は12日、琉球大学医学部で本年度第2回会合を開き、琉大付属病院がんセンターが提案した医療圏別・がん種別の死亡数削減プロジェクトの立ち上げを承認した。全国と比べ死亡率が高い大腸がんを皮切りに、県全体のがん死亡の抑制を目指す方針。