那覇署は14日、男子高校生にみだらな行為をさせたとして沖縄本島南部に住む40代の女性教諭を児童福祉法違反(児童に淫行させる行為の禁止)の疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。同署は女性教諭が被害男子高校生と過去にも複数回、行為に及んでいた可能性も視野に捜査を進める。

 調べでは、7月27日午後6時25分から58分ごろまでの間、教諭が運転する車を南風原町内の商業施設の駐車場に止め、18歳未満と知りながら、車内で男子高校生にみだらな行為をさせた疑い。男子高校生は本島南部に住み、女性教諭と面識があるという。

 同署は、女性教諭の実名について、被害関係者のプライバシー保護のために公表していない。男子高校生の関係者から警察に相談があり、捜査を進めていた。