【石川達也通信員】「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日本とポルトガル両語の同人誌「群星(むりぶし)」第2巻が7月に発刊された。ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)の刊行。塾有志が資金を出し合って千部印刷され、同県人関係者の間で無料配布されている。

ブラジルの県人の歩みをまとめた移民史を紹介する(左から)高安さん、宮城さん、嶺井さん

 巻頭、刊行への思いとして、戦前や戦後初期の移民が言語や習慣が異なる社会の中で悪戦苦闘を重ね、県人同士が助け合ったことを振り返りつつ、家庭内では親子の会話が十分にできず「言葉の問題」から親子間に溝が生まれ、思うように県人精神を伝えられぬまま子は成人したと述懐。

 その上で「多くの親はわが子が遠くに離れていくかのような、彼らに置き去りにされていくかのような感覚にとらわれ、深い沈黙のまま通り過ぎてきたように思われる」と明かす。

 この同人誌はそれを補おうと県人移民史を掘り起こし、心に残る逸話を両語で広める役割を果たしており、昨年の創刊号には多くの反響が寄せられた。今回の執筆陣には趣旨に賛同した2世が多く参加し、さらに充実した内容だ。

 「移民群像」のコーナーでは、特定の県人向けの新聞としてブラジル唯一のポルトガル語月刊新聞「ウチナープレス」を経営する知念マルセロ・ヴァネッサ夫妻、ボリビアから再移住した高安広治さんの体験記も掲載されている。高安さんがサンパウロ市で縫製業を始めた当初を振り返り「仕事は朝の7時から翌朝の4時まで。身体は動いているが脳は寝ていて、指をミシンで縫うこともあった。トイレで用をすませてそのまま寝てしまうこともあり、頭から冷や水を被(かぶ)って目を覚ますこともしばしば」の記述も。

 またエスタード紙論説委員、保久原ジョルジさん(2世)の「ウチナーンチュとしての自分を再発見」は、コミュニティーを離れて一般社会で地位を築いてから、父親と臣道連盟(ブラジル在住の日本人移民間で、太平洋戦争での日本敗戦を信じない者の間に形成された国粋団体)の関係を調査する中で県系精神に立ち返る自らの心の揺り戻しを告白した興味深い文章だ。

 その他178ページにわたりさまざまな逸話が盛られている。高安さんは「今回はアルゼンチン、ボリビアなど、より国際的な内容になっている」。嶺井由規さんも「2世の側から見たウチナー精神の影響など、ぜひ読んでほしい」と薦める。宮城塾長は「無料で贈呈している。ぜひ読んで感想を聞かせてほしい」と呼び掛けた。