第7回「夏の全島闘牛大会」(主催・沖縄県闘牛組合連合会 後援・沖縄タイムス社)が14日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。中量級・軽量級全島一の優勝旗争奪戦とあって、駆けつけた2500人余の観客は激戦激闘に大きな拍手を送り、闘牛の醍醐味(だいごみ)を堪能していた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。