香りを使ったアートのことを、「嗅覚アート(オルファクトリー・アート)」といいます。日本では聞き慣れないそのアート、近年欧米では人気なんです。見たり聴いたりするのではなく、嗅ぐアート。その没入体験が、人気の秘訣なのかもしれません。この領域をさらに広めるべく、私自身もオランダの美術大学で定期的に教えています。

 「視覚的な要素を排除すればするほど、嗅覚体験が強くなるのではないだろうか」。その考えのもとに作られた私の作品は、視覚的な要素はほとんど意味を持ちません。目には見えない匂いが、想像を膨らませたり、知覚の混乱を誘う役割を担っています。

 食べ物、香辛料、そして体臭など、ありのままの匂いを素材から抽出し、「香水化」しています。それは調理法や化学的手法から編み出した独自の方法でもあります。幼少の思い出の匂い、アイデンティティーの匂い、感情の匂い、歴史の匂いなどを作り出し、インスタレーションやワークショップなどの形で作品を発表しています。

 5月7日には、世界的な嗅覚アートの国際的なコンペ Art and Olfaction Awards 2016のファイナリストに選ばれ、米ロサンゼルスで表彰されました。

https://artandolfactionawards.com/2016-finalists/

 受賞した作品は、2015年ベルギーで開催された「戦争の匂い展」に出品した作品 "The Juice of War - Hiroshima & Nagasaki - " (戦争の果汁~広島と長崎)です。

作品 "The Juice of War - Hiroshima & Nagasaki - " (戦争の果汁~広島と長崎)

 「戦争の匂い」展は、名の知れた嗅覚アーティストが世界から集う展覧会で、注目度の高いものでした。

 「戦争の匂い」というと、おそらく多くの日本人は、「はだしのゲン」のウジ虫が湧いた死体の横たわる描写などを脳裏に思い浮かべるのではないかと思います。視覚的なのですが、触覚的でもあり、嗅覚的な感覚が起こる風景です。わたしはそれを「におい化」してみようと思いました。

 さすがに「うじむし」まではできないけど、その前あたりまではシミュレーションして、匂いを抽出できるのでは、と思いました。

 今回は、メイキングのプロセスの全貌を紹介します。(注:写真が多少、グロテスクです)