翁長雄志知事は18日、沖縄県庁で会見し、埋め立て承認取り消しに対する国土交通相の是正指示の適否を判断しなかった国地方係争処理委員会の結論を受け、県側から是正指示の取り消しを求める訴訟を提起しない方針を明らかにした。係争委の結論に基づき、国側に問題解決に向けた実質的な協議を求めるとしている。

係争委の判断について記者の質問に答える翁長雄志知事=18日午後、沖縄県庁

 翁長知事は、真摯な協議が問題解決への「最善の道」とした係争委の結論を「重く受け止める」と表明。係争委の結論は「法廷闘争で解決を図るべきではなく真摯な協議で解決すべきだとしている」と述べ、問題解決につながる中身のある協議を国側に求める考えを示した。