「レ~レレオ~、レレオ~、レレオ~、レレオ、ブラ・ジル!」。女子バレー日本対ブラジル戦。黄色と緑色で染まった会場は、ブラジルが得点するたびに皆で歌え踊れの大盛り上がり。座安琴希選手を取材にきた私も思わず、体が動いてしまうほどだ。バレーだけでなく、他の競技でもブラジル戦はこんな調子だ。

バレーボール会場でブラジルがマッチポイントを迎え、大盛り上がりのファン=10日、リオデジャネイロ(共同)

 ブラジルを応援していた男性医師のクリスチアーノ・ノゲイラさん(36)に踊る理由を聞いてみた。「踊ることでブラジルの勝利を信じていますよ、とメッセージを表現しているのさ。選手も会場が盛り上がっていたらモチベーションが上がって動きが良くなるだろ」。試合を思いっきり楽しみながら、チームを勝利に導くのがブラジル流だ。(社会部・又吉俊充)