セブン-イレブン・ジャパンが2018年に沖縄に進出し、県内全域で300店規模の店舗体制を目指していることが分かった。しのぎを削る沖縄ファミリーマートとローソン沖縄の店舗数が合わせて500店に迫る中、大規模出店で競争は激しさを増す見通し。