高校野球の第98回全国選手権沖縄大会第1日は18日、沖縄セルラースタジアム那覇ほか3球場で1回戦6試合が行われた。八重山商工は六回表に平良海馬の3点本塁打で先制し、8―2で八重山を下した。

 宮古は延長十回2死満塁、7番知念明天也が中前打を放ち、浦添工に3―2でサヨナラ勝ちした。

 那覇は四回まで毎回得点と序盤で流れをつかみ、10―8で八重山農林に競り勝った。南部工業は具志堅光、盛田幹久が零封リレーし、6―0で宮古総実を下した。

 沖縄尚学は0―4の五回に一挙7点を奪い、久米島に9―4で逆転勝ちした。読谷は宮古工業に先制されたが、五回以降は打線がつながり、8―3で勝利した。

 第2日は19日、北谷球場ほかで1回戦6試合を行う。