【浦添】浦添市は、情報公開請求をした人の名前を外部に漏らしたとして、50代の男性職員を文書で注意し、上司の担当部長を口頭で注意する訓告処分としたことが17日までに分かった。処分は1日付。

 市によると、市が進める「てだこ浦西駅周辺開発事業」に関して昨年10月に情報公開請求をした人の名前を、担当部の職員が事業委託を受けたコンサルタント会社に漏らした。個人情報保護に問題があるとして6月市議会でも取り上げられていた。

 市は、個人情報の不適切な扱いがあったとして、訓告処分を受けた職員2人に「個人情報の取り扱いを徹底するように」と注意したという。