第16回全国中学校総合文化祭大分大会(主催・全国中学校文化連盟など)が18日、大分市内で始まった。沖縄県内からは5校57人が参加。郷土芸能や演劇を披露し、観客を魅了した。書道や美術作品も出品されている。19日まで。

パーランク―を取り入れた「川平満慶太鼓」を披露する石垣市立川平中の生徒たち=18日、大分県大分市・イイチコ総合文化センター(県中学校文化連盟提供)

 読谷中と古堅中の合同チームは27人で、琉球舞踊の若衆踊りを生き生きと舞った。古堅中3年の上地怜那れいなさんは「本番前には円陣を組んで気合を入れた。笑顔を意識して沖縄の伝統芸能を伝える気持ちで踊り、しっかりできたので満足している。とてもいい体験になった」と話した。

 宮古島市立北中の13人は、思春期の中学生の日常生活を描いた演劇「ハッピーバースデイ」を熱演。石垣市立川平中は、全校生徒16人で地元に伝承されている棒術やパーランクーを取り入れた「川平満慶みつけー太鼓」を勇壮に舞い、会場を沸かせた。