買われる前の背景があることを知ってほしい-。援助交際や風俗店などで「売春」をした中高生たちが自らの思いを訴える企画展「私たちは 『買われた』」が都内で開かれている

▼義父の暴力から逃れるため街へ飛び出さざるを得なかった中学生、両親にありのままの自分を受け入れてもらえず、学校でもいじめを受けた末に路頭に迷った高校生。身も心も疲弊した彼女たちを絡め取る男たちの卑しい魔の手

▼痛ましい体験を読み、その体験と関係する場所や傷ついた体などの写真を見て胸がふさがった。涙をぬぐいながらパネルの前に立ちつくす人もいる

▼少女らを支援する団体「Colabo(コラボ)」と、団体が支援する中高生らが企画した。「遊ぶ金ほしさでしょ」「快楽のため」。彼女たちには表層的で、見放した言葉が浴びせられる。偏ったイメージに一石を投じるとの思いも込めた

▼少女たちには、それぞれに過酷な境遇を持つ。困り果てたところに、性のみを目当てにした大人が優しさを装って近づき、だます。背景に目を向ければ、「売った」のでなく、「買われた」ことが、幾重に傷つけられた心の痛みが伝わる

▼被害に遭うのは本来、保護や支援を必要としている若者である。家庭だけで防げる問題でもない。子を守るセーフティーネットを機能させねばならない。(宮城栄作)