沖縄の米軍属事件に抗議し被害者を追悼する県民大会には、全国の著名人もメッセージを寄せた。一部を紹介する。(全員のメッセージは、沖縄タイムス6月19日朝刊に掲載)

赤川次郎さん

■怒りを示すとき 赤川次郎さん(作家)

 国民の命が、最も無残な形で奪われても、通りいっぺんの抗議しかできない政権に、私たちは「安全」を預けることはできない。沖縄の命が軽んじられる現実に、すべての日本人が今、怒りを示すときだ。