海水を真水に浄化する海水淡水化装置を開発・販売するワイズグローバルビジョン(うるま市、大嶺光雄会長)が、フィリピン進出を本格化させている。業務提携する段ボール製造のカネパッケージ(埼玉)のフィリピン工場で海水淡水化装置の委託製造・販売を4月から開始。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。