19日午後3時45分ごろ、読谷村大木で「闘犬が飼育おりから行方不明になった」と、飼い主から沖縄県動物愛護管理センターに通報があった。県自然保護課によると、闘犬は土佐犬とロットワイラーの雑種。2歳のオスで青色の首輪を付けている。同課は、かまれるなどの被害に遭う危険性があるとして、注意を呼び掛けている。

 同課によると、闘犬は茶と黒のトラ柄で体重は25~30キロ。飼い主はおりの鍵を掛けていなかったという。発見した際は、嘉手納署や読谷村役場、県動物愛護管理センターへ通報するよう呼び掛けている。