全九州高校体育大会は18日、各地で行われ、重量挙げ男子69キロ級の大城良太(豊見城)がスナッチ110キロ、ジャーク135キロのトータル245キロで優勝した。瀬底虎大郎(糸満)が212キロで2位に入った。

男子69キロ級 優勝した豊見城の大城良太がスナッチで110キロを挙げる=糸満高校(下地広也撮影)

 77キロ級は金城優人(南部工)がトータル245キロで2位、ジャークは140キロで1位。62キロ級は羽地夢月(沖縄工)が3位だった。

 柔道は団体戦が行われ、沖縄尚学が男女とも準優勝した。女子は準決勝で宮崎日大に3-0で勝ち、決勝で敬愛(福岡)に0-2で敗れた。男子は準決勝の九州学院(熊本)を3-1で破り、決勝の大牟田(福岡)に0-4で敗れた。

 ボクシングは準決勝が行われ、各県1位のAパートは、フライ級の松田博人(嘉手納)とウエルター級の平田大我シャックルフォード(沖水)が決勝に進出した。テニス女子団体で沖尚が決勝に進んだ。ハンドボールは男子の興南、女子の浦添が準決勝に駒を進め、バレーボール男子の西原が8強入りした。