宮古は延長十回の末、浦添工を3-2のサヨナラで制した。2死満塁、7番知念明天也が放った痛烈なゴロは、二遊間を抜ける殊勲打に。それまで、4打席凡退だったヒーローは「気持ちでどうにか。最後はチームのために一本が打てた」と汗を拭った。 宮古9、浦添工10の安打を放ちながら、互いに好機で決め手を欠く展開。