8月8日、天皇陛下はビデオメッセージを通じて、天皇が「高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか」について、「個人として」「これまでに考えて来たこと」を発表した。「現行の皇室制度に具体的に触れることは控え」られていたものの、天皇の生前退位を制度化する必要を示唆するものだった。