台風10号は21日午後6時現在、日本の南にあり、ゆっくりとした速さで西南西に進んでいる。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の北側220キロ以内、南側170キロ以内が15メートル以上の強風域となっている。

台風10号(21日18時現在)

 沖縄気象台によると、台風は今後発達しながら南西へ進み、22日午後6時には大東島地方の北東約400キロから約500キロの海上に達する見込み。また、台風は22日から23日にかけてはほとんど停滞する。

 気象台では、大東島地方の沿岸海域では22日は次第にしけ、沖縄本島地方では23日にはうねりを伴い波が高くなる恐れがあるとし、注意を呼び掛けている。