【石川達也通信員】約2万人が訪れるブラジル国内最大の沖縄の祭典「第14回沖縄祭り」が6、7の両日、クラブ・ヴィラ・マンチェスターで開かれた。来場者は福祉施設への寄付品の持ち寄りが慣例で、米や塩などの食品を中心に今年は18トンもの支援物資が集まった。ヴィラ・カロン出身の県系柔道家、チャールズ・チバナ選手のリオデジャネイロ五輪試合観戦会も行われ盛り上がった。沖縄県人会ヴィラ・カロン支部(上原テリオ会長)の主催。

「沖縄祭り」特設会場で披露されたエイサー太鼓に会場は盛り上がった=ブラジル

 開会式には西本エリオ州議や飯星ワルテル連邦下議らが出席。上原会長が関係者、来場者へ感謝したほか、ヴィラ・カロン支部が今年創立60周年を迎え、11月20日に記念式典を行うことなどが伝えられた。会場には130もの出店が並び、特設ステージでは68演目が披露された。定番の天ぷらや焼きそば、県系団体による沖縄そばが人気で、癖のあるヒージャー汁(ヤギ汁)は移民一世を中心に楽しまれた。舞台ではエイサー太鼓や琉球空手などの琉球芸能が好評だった。

 7日のチバナ選手の試合の際は特設ステージの演目を一時中断し大型モニターで試合映像を中継。会場いっぱいの700人が声援を送った。対戦相手の日本代表・海老沼匡選手は世界選手権3連覇の実績を持つ同大会優勝候補。海老沼選手の押さえ込みが決まり、勝敗が決した瞬間には地元の英雄の敗退を惜しむ声が会場いっぱいに広がった。

 観戦会に参加した沖縄県人会の高安宏治副会長は、「彼の努力は皆の知るところ。今回は残念だったがまだ十分若いので、東京五輪目指して頑張ってほしい」と健闘をたたえた。県人会では、チバナ選手が優勝した際には、ヴィラ・カロンで優勝パレードを行う計画もあったという。

 閉会式ではレキオス芸能同好会エイサー太鼓と琉球國祭り太鼓が合同演奏を披露。最後は来場者も参加してのカチャーシーが行われ、にぎやかな終宴となった。