沖縄防衛局が、米軍北部訓練場の過半返還の条件として、東村高江の集落を取り囲む六つのヘリパッドのうち、未着手だった四つの建設に向け、作業を再開してから22日で1カ月となる。N1地区と呼ばれるヘリパッド建設現場につながる幅3メートルの工事用仮設道路の整備を進めている。