米軍北部訓練場のヘリパッド移設問題を、全国メディアは「第二の辺野古」と報じた。全体の負担軽減を理由に一部地域の負担が増す点、希少種の生息する自然が破壊される点、政府が警察権力を前面に抗議活動を排除する点など、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設と共通する部分は多い。