全国的な子牛の供給不足で、沖縄県内家畜市場の取引価格の高騰が続いている。県畜産振興公社がまとめた2015年度の1頭当たり平均は64万7314円と過去最高を記録。16年度の競りも平均70万円前後のペースで推移している。