沖縄県東村高江周辺のヘリパッド建設に向けて23日午前、砂利を積んだ大型トラック10台が米軍北部訓練場のN1ゲートに入った。これまでは国頭村内の採石場から南下するルートで高江入りしていたが、同日初めて、北側の県道2号まわりで入った。

警察車両に前後を守られてN1ゲートを目指す大型トラック=23日午10時40分ごろ、東村安波の県道70号

 工事に反対する市民ら約30人は当初、南ルートを警戒して高江橋を車両で封鎖する予定だったが、北ルートだと判明したため北上。N1ゲートから北に約1・5キロの地点まで県道70号を徒歩で移動した。大型トラックが警察車両に挟まれてやってくると、トラックの下にもぐり込むなどして抗議した。けが人はなかった。

 機動隊員は県警のほか、東京、大阪、千葉などから動員されており、市民らによるとここ数日で一番多かったという。機動隊は、車両を規制する移動式のゲートを県道70号に少なくとも3カ所設置し、抗議活動を警戒した。