台風10号は23日午後3時現在、暴風域を伴いながら沖縄県南大東島の東北東約340キロにあり、ほとんど停滞している。台風は今後、発達しながらゆっくり南西に進み、25日に強い勢力で大東島地方に接近する見込み。沖縄気象台は早めの台風対策を呼び掛けている。

台風10号(23日17時30分、ひまわり8号リアルタイムWebから)

 台風の中心気圧は980ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は30メートル。最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径60キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 大東島地方では、24日昼過ぎから北西の風が強まり、24日夜遅くから非常に強い風が吹く見込み。予想される最大風速は20メートル。25日は暴風となるおそれがある。

 大東島地方の沿岸の海域では、うねりを伴いしけており、24日昼過ぎから大しけとなる見込みで、気象台は高波に警戒を促している。