台風10号は23日午後9時現在、沖縄県南大東島の東北東約310キロにあり、ゆっくりした速さで南南西へ進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径60キロ以内が25メートル以上の暴風域、半径220キロ以内では15メートル以上の強風域となっている。

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

 沖縄気象台によると、台風は発達しながらゆっくり南西に進み、25日から強い勢力で大東島地方に接近する見込み。大東島地方では、24日夜遅くから非常に強い風が吹く見込みで、早めの台風対策が必要。

 沖縄旅客船協会によると、沖縄本島と周辺離島を結ぶ24日の船便は同日午前の状況をみて判断。各航空会社も、今後の台風の動きを確認しながら判断する。

 台風の中心は、25日21時には南大東島の東約190キロの北緯25度25分、東経133度00分を中心とする半径200キロの円内に達し、非常に強い台風になる見込み。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルが予想される。