教員採用試験のリスニング問題は2015年度、16年度ともに、旺文社が発行する「英検1級リスニング問題150」を基にしているとみられる。15年度は18問中13問が同書出典で、中には一言一句たがわない設問もある。

教員採用試験の英語リスニング出題が相次いだ問題集(上)と試験問題

 男女の会話文を聴いて、内容を問う形式の問題では、全9問中4問が問題集に掲載されている。会話文と設問、4択の選択肢の順番まで全く同じ問題や、男女の会話を入れ替えただけの問題が出題されていた。

 10行前後の英文を聴き、設問に答える問題では「complimented(賛辞を述べた)」を「praised(ほめた)」に変えるなど、動詞や主語を数カ所変えたり、文章を一部省略したりして掲載。英文は三つあり、英文ごとに3問の設問があるが、2問は質問も答えもほぼ同じ、1問は新たに追加していた。

 英文三つは問題集の68ページから75ページにかけて、連続して掲載されていた。