気象庁によると、強い台風第10号は24日午前9時現在、南大東島の東南東約170kmの海上にあって、勢力を強めながら時速15キロで南南西に進んでいる。大東島地方は同日未明から明け方に強風域に入っており、25日夜遅くから27日まで暴風域となる恐れがある。沖縄気象台は暴風やうねりを伴った高波に警戒するよう注意を呼び掛けている。

24日午前9時現在の台風10号進路予想図(気象庁HPから)

 台風10号は27日ごろまで大東島地方に停滞した後、北東に進路を変え、関東の南の海上に向かう。

 午前9時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。半径90キロ以内が25メートル以上の暴風域、半径220キロ以内では15メートル以上の強風域となっている。【沖縄タイムス+プラス】