昨年と今年の英語教員向け採用試験で、リスニングの問題が2年連続で1冊の市販問題集から大量に出題されていたことが明らかになった。試験問題の流出を防ぐため、問題作成に関わる情報は機密扱いされ、作成者が何人いるのかも明らかにされていない。引用に基準はないのか、チェック機能は働いているのか-。