名護市辺野古の新基地建設に向け、政府は近く着手するとしていたキャンプ・シュワブ陸上部分の工事を違法確認訴訟の判決が言い渡される9月16日以降に先送りする方針を固めた。25日、政府関係者が明らかにした。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。