【小橋川慧通信員】カナダのトロント球陽会(神山吉洋会長、読谷村出身)は11日、市内のトムソン記念公園でピクニックを行った。会員の家族や友人80人が持参の手料理を楽しみながら交流を深めた。初参加はマクドナルド家のダニエルさん、みどりさん(那覇市出身)と生後6カ月のユーゼンちゃん。みどりさんは2006年に語学留学でダニエルさんと知り合い、09年に結婚。バーラリ&ピーター・リマーさん夫妻は11年に、カナダ・バプテスト教会から沖縄に派遣された宣教師。現在一時帰国中で9月には糸満市シーサイド・チャペルでの仕事に復帰する。

ピクニックでゲームを楽しむ参加者=カナダ・トロント市内のトムソン記念公園

 沖縄で開催されるジュニア・スタディーに出席するというケイドン・カナシロ君(曽祖父が読谷村)は「琉球王朝前の歴史を学びたい。グスク巡りや沖縄独特の食べ物を味わうのも楽しみ」とあいさつした。第6回世界ウチナーンチュ大会は話題の一つで、前大会に出席したソノ・杉江さん(母親が名護市出身)は、初めて出会った親戚のことや南部戦跡のことなどを写真集を使って熱心に解説した。

 レクの部では、神山リサさん(読谷村出身)のリードで、「水風船投げ」や「西瓜割り」など多彩なゲームに歓声を上げて楽しんだ。福引では、石原千秋さん(同)と神山初子さん(同)がそれぞれ最高賞の「金一封」を引き当て盛り上がった。