2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて各国・地域の競技団体の事前キャンプを呼び込もうと県などが26日、誘致推進委員会(会長・翁長雄志知事)を立ち上げた。那覇市の県体育協会スポーツ会館で開かれた第1回会合では、各国大使館訪問やリオデジャネイロ五輪・パラの合宿地視察など今後の誘致計画を承認した。

沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会であいさつする県体育協会の佐久本嗣男副会長(右)=県体協スポーツ会館

各市町村 事前キャンプ誘致計画案

沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会であいさつする県体育協会の佐久本嗣男副会長(右)=県体協スポーツ会館 各市町村 事前キャンプ誘致計画案

 委員会は県と県体協、参加を表明する20市町村でつくる。県の意向調査では、誘致したい競技の第1希望にサッカーや野球(ソフトボール含む)、陸上を挙げている市町村が多い。

 会長代理の安慶田光男副知事は「県としてスポーツ、観光、産業の振興や国際交流を図りたい。多くのスポーツ合宿を受け入れてきた実績があり、うとぅいむち(おもてなし)の心で、誘致につなげたい」とあいさつした。

 県体協の佐久本嗣男副会長は、東京五輪で空手が正式に採用されたことに触れ「海外から年間3千人が空手を学びに来ており、沖縄の気候や文化は合宿に適している。多くの子どもたちがトップアスリートと交流できる。効果は計り知れない」と意義を強調した。