9秒でまるわかり!

  • 元米兵事件に抗議する県民大会は6万5千人が参加し被害者を追悼
  • 米軍の事件事故をなくすため海兵隊撤退と地位協定改定を訴えた
  • 被害者の父は手紙で「次の被害を出さないためにも全基地撤去を」

 「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催・オール沖縄会議)が19日、那覇市の奥武山公園陸上競技場をメイン会場に開かれた。翁長雄志知事や大会に賛同する7市町村長、市民ら6万5千人(主催者発表)が参加し、米軍関係の事件や事故を根絶するため在沖米海兵隊の撤退、地位協定の抜本的改定などを求める決議を採択した。

被害者の冥福を祈り黙とうする県民大会の参加者=19日午後、那覇市・奥武山公園陸上競技場(下地広也撮影)

 日差しが照りつける中で開かれた約1時間半の大会は、参加者が黒い服や帽子、傘などを身につけ哀悼の意を示した。会場は被害者への鎮魂の思いと静かな怒りに包まれ、二度と事件を繰り返させない決意を日米両政府に突き付けた。

 翁長知事は海兵隊撤退や名護市辺野古の新基地建設の阻止ついて「不退転の決意をここに示す」と表明。「グスーヨー、負ケテーナイビランドー。ワッターウチナーンチュヌ、クワンウマガ、マムティイチャビラ、チバラナヤーサイ(みなさん負けてはいけません。私たち沖縄人の子や孫を守るためがんばりましょう)」とウチナーグチで呼び掛け、参加者が拍手や指笛で応えた。

 大会の冒頭で参加者全員で黙とうし、事件で亡くなった被害者の父親の「なぜ娘は殺されなければならなかったのか。次の被害者を出さないためにも全基地撤去、新基地建設断念は県民が一つになれば可能だ」とのメッセージが読み上げられた。

 オール沖縄会議共同代表の一人、金秀グループの呉屋守將会長は「今回の事件で亡くなった女性を(米軍関係の)最後の犠牲者とするべく、具体的な有効策を講じることがわれわれに託された責務だ」と県民大会で抗議し、海兵隊撤退を求める意義を強調。決議の採択後は参加者が一斉に「怒りは限度を超えた」「海兵隊は撤退を」と書かれたメッセージボードを掲げた。

 主催者は、全国でも県民大会に呼応した集会が41都道府県61カ所で開かれたと報告した。東京では国会前での集会に約1万人(主催者発表)が集まり「辺野古新基地建設反対」「日米地位協定は抜本改定を」とシュプレヒコールを上げた。