沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)が26日発表した2015年度の県内主要ホテルの稼働状況によると、1室当たりの平均売上高(レブパー)はシティーホテル、リゾートホテル、宿泊特化型ホテルの全てのタイプで前期を上回った。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。