第4シードの美来工科は投打がかみ合い、南風原に9-1の七回コールドで初戦突破した。打線は11安打と快調で、投げてはエース仲宗根登夢が7回1安打自責0と好調な滑り出し。目取真慶樹主将は「どうにかいい形で2回戦につなげられた」と笑みを浮かべた。