非常に強い台風10号は、27日午後3時には南大東島の南東約330キロにあって、時速15キロの速さで東北東へ進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

台風10号(27日16時30分、ひまわり8号リアルタイムWebから)

台風10号(27日15時現在、気象庁HPから)

台風10号(27日16時30分、ひまわり8号リアルタイムWebから) 台風10号(27日15時現在、気象庁HPから)

 台風は29日にかけて北東に進み、30日は北西に進路を変え、暴風域を伴ったまま東日本から北日本に接近し、上陸するおそれがある。

 29日から31日にかけて、北日本から西日本の広い範囲で、大雨や大荒れ、海は大しけとなる。

 気象庁は大東島地方では27日夜遅くにかけて、28日には小笠原諸島で、うねりを伴った高波への警戒を呼び掛けている。