高校野球の第98回選手権沖縄大会第2日は19日、コザしんきんスタジアムと北谷球場で1回戦6試合が行われた。二回までに4点を挙げた北中城は、具志川の終盤の追い上げを振り切り、4-3で勝利した。

北中城-具志川 4回裏具志川2死二塁、三盗を狙う具志川の山内隆太郎を北中城の三塁・伊佐海(左)が阻止=コザしんきんスタジアム(渡辺奈々撮影)

 11安打を放った美来工科は、南風原を9-1の七回コールドで退けた。投げてはエース仲宗根登夢が7回1安打自責0と好投した。

 豊見城南は16安打を放ち、粘る本部を7-3で振り切った。前原は辺土名に10-0で五回コールド勝ち。

 首里に先制された興南は、具志堅大輝の本塁打などで5-3と逆転勝ちした。嘉手納は継投した3人が具志川商打線を3安打に抑え、7-0で八回コールド勝ちした。

<19日の結果>

▽1回戦

北中城 4-3 具志川

嘉手納 7-0 具志川商

興南 5-3 首里

豊見城南 7-3 本部

美来工 9-1 南風原

前原 10-0 辺土名

<23日の試合>

▽1回戦 

〈セルラー那覇、9時〉

那覇西 - 沖縄工

豊見城 - 首里東

〈北谷、9時〉

陽明 - 開邦

名護 - 向陽

〈コザしんきん、9時〉

球陽 - 宜野湾

コザ - 北部農