10月に発売予定で、すでに予約が取れない「PlayStation®VR」(以下、PSVR)の体験会が27日、那覇市おもろまちのゲオ那覇新都心店で開かれた。今回が沖縄初上陸。午前11時の開始前から大勢のゲームファンが詰めかけ、待ち時間は3時間以上の人気だった。

仮想現実端末「プレイステーションVR」を体験する人たち=27日、那覇市おもろまち・ゲオ那覇新都心店

 PSVRは本体のVRヘッドセットを頭に装着すると、3Dのゲーム映像が出現し、動きに合わせて映像が動く仕組み。ゲームの世界に入り込んでいるかのような体験ができる。

 VRはコンピューターなどでつくり出された世界が現実のように体験できる技術のことで、すでにグーグルやマイクロソフトなどもVR市場に参入。2016年は「VR元年」とも言われている。

 読谷村から午前4時に起きて駆けつけたという宮里優之さん(22)は「リアルな臨場感に心をつかまれた」と興奮気味に話していた。

 体験会は28日も午前11時~午後6時、同店で開催される。