FC琉球は、今節まで16チーム中15位と低迷する横浜に先制を許し、逃げられた。ホーム戦での“不敗神話”も崩れ、終了のホイッスルが鳴ると、競技場はため息が漏れた。 いつも通りに細かなパスをつなぎ、相手陣営に攻め込んだ。しかし前半18分、今季に多い傾向にあるセットプレーのこぼれ球から先制点を奪われた。