北部訓練場の一部返還条件として沖縄防衛局が進めるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、反対する住民らは29日午前、建設予定地につながる県道70号に車31台を止め、工事車両の通行を妨げた。

住民や車を移動させ、工事車両通過の準備を進める機動隊員ら=29日午前9時半ごろ、東村高江の県道70号

 県警などの機動隊員が住民約50人や車を排除し、約1時間20分後の午前10時10分までに工事用のダンプ10台、作業員の乗った車4台が、N1地区と呼ばれるヘリパッド建設予定地に向かうゲートを通過した。

 住民らによると、同日午前5時ごろから、作業員らが姿を見せたため、住民らが阻止行動を続けたという。