ペルーを訪れている翁長雄志知事は現地時間28日午前、首都リマのペルー沖縄県人会館で開かれたペルー移住110周年記念式典に出席した。翁長知事は「県系人の皆さまが政治や経済などさまざまな分野で活躍し、ペルー共和国の発展に寄与されていることは、われわれ沖縄で暮らすウチナーンチュにとっても大きな誇りである」とあいさつした。約600人が式典に参加した。

90歳以上のペルー県系人(前列)に感謝状を手渡した翁長雄志知事(後列右から2人目)=28日、ペルー沖縄県人会館(沖縄県提供)

 式典では、90歳以上の県系人を代表して、仲程善樽さん(108)、上田はるさん(102)、宮城まつさん(102)、大田守玄さん(102)らが翁長知事から感謝状を受け取った。式典終了後には、会館外に設けられた特別ステージで記念公演が開かれ、2千人以上が沖縄の伝統を楽しみ、ペルー移住110周年を祝った。翁長知事は29日に県民からの募金でペルーに寄贈した小学校「ペルー・オキナワ校」と「ラルコ・エレーラ博物館」を訪問し、31日に帰沖する予定。