拡張型心筋症を患い、早期の心臓移植が必要な森川陽茉莉(ひまり)ちゃん(1歳7カ月)を支援する「ひまりちゃんを救う会」に集まった寄付額が30日、1億108万円となった。1億円を突破したが、まだ目標額の2億9500万円の3分の1にとどまり、11月までの渡米実現には足りない状況だ。

祭り会場で陽茉莉ちゃんの募金を呼び掛ける救う会のメンバー=14日、宜野湾海浜公園多目的広場

 救う会は関東で募金を呼び掛けて約2カ月、沖縄で活動を始めて1カ月半で1億円の寄付を集めた。しかし当初目標にしていた8月中の渡米は実現できず、補助人工心臓を付けた11月までの渡米を目指している。父親の孝樹さん(30)は多くの寄付に感謝しつつ、「精いっぱい取り組んで、さらに支援を広げていきたい」と話した。9月1日には県庁で会見し、途中経過や陽茉莉ちゃんの様子などを報告する。