【宮古島】宮古島観光協会(豊見山健児会長)が「沖縄特例通訳案内士」の育成強化に乗り出している。ことしから外国籍クルーズ船が本格的に就航を始め、中華系の観光客が急増したことで案内士が不足しているのが理由だ。現在、宮古島の沖縄特例通訳案内士は中国語が1人、英語が3人。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。