石垣市などで、藻の一種であるミドリムシから燃料をつくる研究をしているバイオベンチャー企業のユーグレナ(東京)と、電力関連事業の中部プラントサービス(名古屋市)、三重県、三重県多気町は1日、燃料用ミドリムシを大規模、低コストに生産する技術を確立する実証実験プロジェクトで協力する協定を結んだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。