【東京】宮古島への陸上自衛隊の配備計画で、若宮健嗣防衛副大臣は2日、下地敏彦市長と会談し、部隊の配置候補の一つだった大福牧場について断念したことを伝える。千代田カントリークラブに関しては、配置案を説明する。

 下地市長は、市議会6月定例会で、陸自受け入れを表明した際に、地下水への汚染懸念が払拭(ふっしょく)できないことから大福牧場周辺への配備については反対していた。防衛省は、市長の理解が得られないため、大福牧場へは自衛隊施設を整備しない。千代田を中心に配備計画案の検討を進めており、大福牧場に代わる新たな候補地については宮古島市と相談しながら決める。

 2017年度概算要求では、車両整備工場や燃料施設、隊舎などの工事費351億円を計上した。若宮副大臣は市長に概算要求の詳細を説明する。