イオン琉球(坊池学社長)は、9月4日の「古酒(クース)の日」にちなみ、イオン那覇店で古酒の日フェアを開いている。35年ものや限定品など270品目の古酒を取りそろえた。各酒造会社の担当者らが試飲などで、古酒をPRした。

古酒の日フェアでは来店客に試飲などで古酒をPRした=3日、イオン那覇店

 2015年度泡盛鑑評会の受賞商品の販売や、量り売りなどがあり、地元客や観光客でにぎわった。

 県酒造組合は12品目を出品。10年古酒などを特別価格で売り出している。與那覇博次主任は「若い人たちも試飲でおいしいと言ってくれる。この機会に古酒の良さを伝えたい」と話した。金箔きんぱく入り古酒は、中国人観光客の人気が高いという。